iPhone8にしたのでワイヤレス充電器「Anker PowerPort Qi」でワイヤレス充電してみた。

11月3日(Xの発売日)にあえて(?)iPhone8を購入した。
で、まぁ…。iPhone7からの変更なのでぶっちゃけ自身の使用目的的には代わり映えしねーですね!」というのが正直な感想で、ケースもiPhone7のものがそのまま使えたりもするので「マジで代わり映えしねーですね!」という感じ。

で、一番大きな変更点として「ワイヤレス充電」が大きな変化の一つなので、折角なのでためそうと、ワイヤレス充電器として、Anker PowerPort QiをAmazonで注文しておいた。

んで、届いたので早速使っている。

本体は手の平にすっぽり収まる程度のサイズの平べったい円形。
充電器の上にiPhoneを配置するだけで充電が開始される。
充電状態等は2つのランプの状態で示される。(充電器のサイズ的に当然といえば当然だけれど、iPhoneを配置する向きによってはランプが見えづらい。)

商品ページには、

正常に充電が行われない、または充電時に熱を発生してしまう場合は、保護ケースを外してご利用ください。

Anker PowerPort Qi商品ページより引用

とあるけれど、革の手帳型ケースをつけた状態でも特に問題無く充電される
充電速度に関しては有線で充電する時でもそこまで気にした事無いので「わからない」というのが正直なところだけれど、別に遅いとも思わない。
ほっといたら100%になってたりするのでぶっちゃけどうでも良い程度。
(ただ、満充電状態になったら2つのランプが点灯して満充電状態を表すはずなのだけれど、iPhone側でバッテリーが100%な状態でも、充電器のランプを視る限り「充電中」になっているのがちょっと気になる。)


さて、ワイヤレス充電のメリットとしては、充電中、ケーブルにとらわれない点。
これまで充電中などに電話が鳴って「ぁ。ケーブル邪魔…」なんて事が結構あったけれど、ワイヤレス充電ならその点一切気にせず、そのまま取り上げて充電中断→ケーブルにとらわれず電話に出れたり、メッセージに返信出来たりするのが結構便利だと思っている。

というより、「個人的に『ワイヤレス充電』に価値を見いだせないと、iPhone8を購入した事を後悔してしまいそう」。

追記: 装着しているケースによってはiphone本体が結構熱くなるような…?

そんな試したわけでも無いので微妙なところなのだけれど、革の手帳型ケースを使用時にケースをつけたまま配置した時には、問題無く充電出来ていて、充電完了後も本体が特別熱くなってる様子はなかったのだけれど…。(多少の熱はあるにしても。)
ケースを変更して、耐衝撃を謳っている防御力重視…のちょっとがっちりしたケースを装着した状態で充電する時は、iPhone本体がやたらと熱くなってる事が多い気がした。

ので…ワイヤレス充電対応を謳っているケース、「Anker KARAPAX Touch」を注文して試してみた

【iPhone 8 / 7 用】Anker KARAPAX Touch 保護ケース マット仕上げ・TPU素材・黄ばみ防止・指紋防止・iPhone 8 / 7 対応 【ワイヤレス充電対応/落下防止/衝撃吸収】(ブラック)

んで、届いたので、上記のAnker KARAPAX Touchを装着した状態で20%くらいから100%まで放置してみたけれど、充電後も特別あつくなってるという事は無かった。(多少の熱はあるにしても。)

実際にiPhoneの発熱とケースが関係しているのかどうかはわからないけれど、少なくとも自分が3つのケースで試した感じだと、何か違いがあるような気がした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.