ウェブサービス関連のお知らせ専用のTwitterアカウントを作成したら一瞬でアカウントロックされてしまった件について。

いくつかのウェブサービスを運営している。
ふと思いついて「ウェブサービス関連のお知らせ専用のアカウントを作ってみよう!」と考えた。
Twitterのアカウント作成はPCからだと…。

と、いった感じに、「代わりにメールアドレスを登録する」という選択肢があるので、電話番号の代わりにメールアドレスのみでアカウントを作成した。
メールアドレスの確認を終え、アイコンを設定し、

上記2つのツイートを行ったあと、詳細なプロフィールとして「誕生日」「場所」(?)の登録を「スキップ」してプロフィールが完成したあたりで…。

アカウントロックされてしまった

一瞬でアカウントロックされ、電話番号の確認を求められてしまった。
一応「電話番号を確認」する事でアカウントロックの解除を行ったけれど、ちょっとビックリしてしまった。

アカウントロック画面に表示されているロック理由は…。

「ご利用のアカウントは自動化に関するTwitterルールに違反していると思われます。」との事。
アカウントの登録等は当然手動で行ったので、心当たりがあるとすれば…。

  • メインのアカウントと同じアイコンを設定した
  • メインのアカウントと同じURLを設定した

上記2点くらいだけれど、あんま関係無さそうな気もする

アカウントロックの解除に手間取った件について

スクリーンショットを撮り忘れていて、記憶を頼りに書くので、文言に微妙な違いがあるかもしれないけれど、
アカウントロック解除のための電話番号確認手段として「SMSでの確認」という選択肢が無く「音声通話での確認」しか選択出来ず…。
電話番号を入力すると、電話がかかってきて、日本語の自動音声で「解除コード」を伝えられた。
その際、メモを取り間違えて、アカウントロックの解除に失敗したので、解除コードの再送信(?)を押しても「電話はかかってくるけれど何も音がしない」という状態に陥った。
仕方ないので、一旦電話を切って、再度再送信を押しても「電話はかかってくるけれど何も音がしない」という状態。
結局、試行錯誤した結果、最初にメモした解除コードに1文字だけ余分な数字が含まれている事がわかって、ようやく解除する事が出来た。

でも結局アカウント削除した

アカウントロックの解除に苦労したり、色々試行錯誤してみたけれど、別に「お知らせ専用のアカウント」なんて不要な気がして、結局、スクリーンネーム @info_otapps についてはアカウントの削除を行った。(2018/07/25 午前5時頃)

今回の収穫

・少なくともPCからはメールアドレスのみでTwitterアカウントの新規作成が可能だと分かった事(自分の場合は作成後すぐにロックされたけれど。)
・アカウントロックを電話番号確認で解除する場合に「電話番号の照合と通知を許可する」か否かの選択が可能である事が分かった事
・アカウントロック解除のために音声での電話番号の確認を行う際「アメリカ合衆国」から電話がかかってくる事が分かった事
アカウントロックを初体験出来た事
・アカウントロックされている状態では、ツイートの投稿・タイムラインの閲覧どころか、アカウントの削除さえ出来ず、ただ電話番号の確認を促す画面だけが表示される事が分かった事

Leave a Reply

Your email address will not be published.